インターネットや電子機器の普及によって起こる効率化の波

人手を省く代行サービスで作業を円滑にする

念の為に

コピーとショートカットの違い

ハードディスクのデータはコピーすることができます。コピーとは同じ物をもう一つ作ることです。コピーを繰り返すことによって同じデータを複数作ることもできます。ただしデータのコピーを作ったら作ったぶんだけ、ハードディスクの容量を消費しますので注意しましょう。 容量を消費しないで(実際は本当に少しだけ容量を使います、しかしこれは気にしなくても良い容量です)違う場所から開くためにはショートカットというものを使います。これは実際には同じデータが作られていませんので、元のデータを消すといったことをしないようにしましょう。 コピーもショートカットもパソコンを使用する際には、必須の機能なので使いこなせるようにしましょう。

何故、同じデータを作成するのか

なぜハードディスクのデータをコピーする人がいるかというと、パソコンやハードディスクが壊れてしまった時のことを考えてです。 パソコンが壊れて修理に出すことになった場合、修理が終わった段階ですべてのデータが消されている可能性があります。これはパソコンを修理するときには必ず起こり得る現象なのでしっかりと覚えておきましょう。 修理によって(仕方がなく)消されたハードディスクのデータは補償されません。ですのでデータをコピーしておくというのはとても大事なことになります。 もちろんハードディスクのデータをコピーする場合は、同じハードディスクの中へコピーしては駄目です。それでは壊れた時にどちらとも消滅してしまうためです。