インターネットや電子機器の普及によって起こる効率化の波

人手を省く代行サービスで作業を円滑にする

紙をなくす工夫

最近では、企業の様々な面でシステム化が進んでいる。システム化による大きなメリットとして、ペーパーレス化がある。 ペーパーレス化を進めるためには、いくつかの工夫がある。まずは会議における印刷物の削減がある。会議においては、通常資料を用意し、その資料をもとに議題を進めていくことが通常である。その際、例えば紙への印刷物をプロジェクターやディスプレイに映して会議を進めることで紙の削減ができる。 また、社員にノートパソコンやタブレットなどを配布し、電子版の資料を見ながら進めることでも、ペーパーレス化が進められる。 その他、経費精算や社内の回覧情報などをシステムを用いて行ったり、社内のWEBページに掲示することなどでも紙を削減できる。

ペーパーレス化への最近の取り組みとして、いくつかのトレンドがある。まずは、タブレット端末の活用がある。 社内で使用する書類を、電子化しタブレットで閲覧することで紙に印刷する必要がなくなる。また、タブレットの場合には、簡単に持ち運びができるため、企業においても活用が広がっている。 マニュアルや技術資料などについても電子化が進んでいる。以前では、マニュアル類などは紙に印刷し参照することが通常であったが、最近ではWEB化が進んでいる。社内の情報共有サイトなどを立ち上げ、そのサイト上でマニュアル類を公開し、社員に参照させるケースが一般的になっている。 その他、システムから情報入力し、社内手続きが完了するようにするなど、ペーパーレス化への取り組みが行われている。