インターネットや電子機器の普及によって起こる効率化の波

人手を省く代行サービスで作業を円滑にする

復元する

基本OSやアプリケーションに搭載されたバックアップ機能を上手に利用してデータ復元を行ないましょう。

 パソコンに関するデータ復元には、大きく分けると基本OSに関するファイルのデータ復元と、アプリケーションに関するファイルのデータ復元に分けられます。  基本OSに関するデータ復元には、基本OS自身が標準搭載しているバックアップ機能によって、自分自身を記録した状態に復元する方法があります。この場合、バックアップを取った状態が復元されますので、万一それ以降にアプリケーションをインストールしたり、基本OSのセットアップ内容を変更したとしても、その内容はすべて無視されます。  一方アプリケーションのデータ復元には、基本OS同様に自分自身の作業データを定期的にバックアップする機能を有しているアプリケーションもありますので、それによって万一消去したり、上書きしたとしてもバックアップを残すようになっているので、是非とも利用したい機能です。  これらの機能を上手に利用する事で万一のトラブルの際でもデータ復元ができるようになります。

個人による最も上手なデータの復元法は、バックアップによるデータの復元が一番です。

 パソコンを利用していて、個別にバックアップを取るのは非常に煩雑な作業になってしまいます。  そこで、外部ハードディスクを利用して、内部ハードディスクとの比較を行ない更新があったファイルのみバックアップを取る方法があります。  これは単純にドライブ内部に記録されたファイルを全て比較することになります。  一見大変にみえますが、基本OSのファイル管理方式は、ファイル名などを記録管理する部分と実データを管理する部分がわかれているため、ファイル名などを記録管理する部分だけを比較することで作業を行う事ができます。  データ復元では、復元したいデータを直接操作する方法もありますが、高度な技能が必要になりますので、個人で対応する最も確実な方法は、外部記憶装置を併用してバックアップを頻繁に取っておくことが一番です。